うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

【映画】『父親たちの星条旗』を観ました

HDDレコーダーに残っている映画を消化するために今回観たのは、クリント・イーストウッド監督の『父親たちの星条旗』です。

太平洋戦争下、硫黄島での日米の戦いを米国側から描いた作品。

 

予告編はこちら(日本版が貼れないので英語版でどうぞ)。


Flags of Our Fathers - trailer HQ

 

硫黄島に上陸した米海兵隊は、摺鉢山の頂上に星条旗を打ち立てる。その写真がすぐさま本国に配信され、戦争に疲弊した国民を奮い立たせたのだった。

硫黄島での激戦から、星条旗を打ち立てた兵士のその後の人生を描く。

 

結論は、ひとこと。

戦争は、虚しい。

 

祖国のための戦い、多数の命を守るという戦いという大義名分はあれど、その代償として大きな犠牲や痛みを伴うということ。

ヒーローなんて呼ばれなくてもいい、命があれば、そして戦いさえなければ、そこにこれほど大きな痛みはなかったはず。

戦争に限っては、なぜ人を殺してもいいのか。

よく考えると、全く理解しがたい。

勝者の側にも、時には計り知れないダメージを与えるのだ。

 

ただ、アメリカ側の「国のための戦い」「多くの命を救った」とかいうきれいごとを何度も聞かされてきた日本人としては、憤りを感じざるを得ない。正直な気持ち。

 

というわけで、お正月から激しい戦闘シーンに顔をしかめることになったのでした。

 

『父親たちの星条旗』"Flags of Our Fathers"

2006年/アメリカ

監督:クリンド・イーストウッド

キャスト:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか

おすすめ:★★★

 

父親たちの星条旗(字幕版)

父親たちの星条旗(字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video