うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

映画『恋におちて』を観ました

六月に退院してきてひと息ついている、梅雨の七月。

ふと、大昔に観て衝撃を受けた映画『恋におちて』を思い出したのでした。

さっそく図書館で借りてきました。

 

クリスマス・イヴにとある本屋でぶつかったフランク(ロバート・デ・ニーロ)とモリー(メリル・ストリープ)。その後、電車の中で再会を果たすことに。急速に惹かれゆく二人の心。だが、それぞれには家庭があって・・・というお話。

 

穏やかなデ・ニーロ、イケメン。

そしてストリープの美しさ。こんなに美しかったのか、とため息が出るほどに。

抑制された二人の感情の機微が見事です。

 

 

もうね、胸が痺れるような純愛です。不倫ですけど。

今なら総バッシングでしょうか。でも人間、どうにもならない気持ちってあるんじゃないかと、どこかで思うわけで。

 

公開は1984年。現在のように技巧的な描写は一切なく、とてもシンプルな展開と物語です。

美しい曲にのせて眺める一枚の絵画のような映画。

 

 

『恋におちて』"Falling in Love"

1984年/アメリカ

監督:ウール・グロスバード

脚本:マイケル・クリストファー

音楽:デイヴ・グルーシン

キャスト:ロバート・デ・ニーロ、メリル・ストリープ、ハーヴェイ・カイテル、ほか

おすすめ:★★★★

 

恋におちて [DVD]

恋におちて [DVD]

  • 発売日: 2006/09/08
  • メディア: DVD