うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

【再生医療】慶大発ベンチャー、iPS心筋細胞移植を2020年度にも治験へ

f:id:utatanemode:20170918143734j:plain

慶応大学の研究チーム(福田恵一教授)が進めている iPS心筋細胞移植について、続報が入ってきました。

 

共同通信/2019.11.22 より

慶応大、iPS心筋再生の治験へ ベンチャー計画 | 共同通信

 

慶応大学発のバイオベンチャー企業「ハートシード」が、2020年度にも iPS心筋細胞移植の治験を行うと発表したそうです。

iPS細胞を培養して作った1000個程度の心筋球(細胞の塊)を、拡張型心筋症などの重症心不全患者さんの心筋に直接注入移植するという方法。

 

また、こちらはハートシード社の報道向けプレスリリースです。 

Heartseed 株式会社、約 28 億円のシリーズ B 資金調達を実施
世界初の「iPS 細胞を用いた心筋再生医療」の早期薬事承認を目指す

http://www.heartseed.jp/pdf/191122_PR_J.pdf

 

出典:

NEWS - Heartseed(ハートシード)株式会社 | Heartseed Inc. - iPS細胞による心臓の再生医療 より

 

これからの iPS心筋再生医療の薬事承認と事業化を目指して、28億円の資金調達を実施したとのこと。

治験用心筋細胞の製造については、株式会社ニコンの100%子会社、株式会社ニコン・セル・イノベーションと提携して、開発、検討、生産にあたるそうです。

 

慶応大の iPS心筋細胞移植のニュースについては、当ブログで以前にもお伝えしてきました。

 

第一報はこちら。

www.utatanemode.com

 

続報はこちら。

www.utatanemode.com

 

心不全に対する iPS細胞を用いた再生医療として、阪大の iPS心筋シート移植と並び、慶応大の iPS心筋細胞移植の計画も着々と進んでいるようです。

阪大の臨床研究・治験ももうすぐ始まるようですから、両者の推移を注意深く見守りたいと思います。

 

一日も早く臨床研究、治験を経てこの再生医療が承認され、多くの患者さんが治療を受けられる日がやって来ることを願ってやみません。

応援しています。