うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

映画『海街diary』を観ました

f:id:utatanemode:20190301175334j:plain

 

公開時に映画館で見逃してしまった『海街diary』を、今になって観ました。

 

公式サイトはこちら。

umimachi.gaga.ne.jp

 


海街diary予告篇

 

ざっくりまとめると、

父を亡くした姉妹が、腹違いの妹を迎え入れて、鎌倉で暮らしていく物語。

 

死と、暮らしと、罪と、赦しと、それとは意識せぬような、愛と。

そんなものたちが、鎌倉の街の景色にとけて。

 

とにかく、映像が美しい。

鎌倉の街がまぶしい光に包まれて、明るく輝いている。

そして、四姉妹が美しい。

凛とした厳しさをもった長女・幸(綾瀬はるか)。

男運が悪くさばさばしているが、根はやさしい次女・佳乃(長澤まさみ)。

つかみどころのない、飄々とした三女・千佳(夏帆)。

自分をゆるせない四女・すず(広瀬すず)。

それぞれの魅力が、あますことなく映し出されている。

四姉妹をめぐる魅力的な人々の暮らす世界が、ゆったりと流れて。

まるで、小津映画を観ているような、穏やかな落ち着きに満ちている。

ため息がでるような美しさだ。

そして、キラリと、心を揺さぶられる。

 

登場人物や複雑な設定を理解するのに少し時間を要するのだが、それもまた味わいとなって、あとからじわじわと趣をます仕掛けとなっていた。

 

原作は、吉田秋生の同名漫画。

第11回文化庁メディア映画祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013などを受賞。

その原作を、是枝監督の熱望で映画化されたとのこと。

惜しくもカンヌ国際映画祭での受賞はならなかったが、国内では数々の映画賞を受賞している。

 

抒情あふれる美しい映画に、心癒されたひとときでした。

 

『海街diary』

2015年、日本

監督:是枝裕和

キャスト:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他

おすすめ:★★★★☆

 

海街diary

海街diary