うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

映画『エンディングノート』を観ました

f:id:utatanemode:20190206111419j:plain

 

2011年公開の映画を地元のミニシアターで観たことを思い出します。

今回は、図書館でDVDを借りてきて二度目の鑑賞です。

 

退職後の健康診断でがんを宣告された元熱血サラリーマン。

仕事から離れ第二の人生が始まろうとしていた矢先、突然、死が間近に見えてきた。

段取り命の男、人生最後の一大プロジェクトのために、まずはエンディングノート作りに取り組みます。

 


映画『エンディングノート』予告編

 

砂田麻美監督が、お父さん(砂田知昭さん)の終活を追ったドキュメンタリー。

お父さんの言葉を借りた砂田監督自身のナレーションで物語が語られていきます。

熱血サラリーマンが退職し、これから楽しい第二の人生が始まろうとしていた矢先に、がんの宣告。

自分の人生をデザインし、遺される家族たちも困らないよう、エンディングノートを作って最後の準備を整えます。

監督のユーモアあふれるナレーションと、ハナレグミの軽やかな音楽が、事態の深刻さをカバーし、とても自然な空気感と時間の流れを醸し出しています。

まずは神父に会いに行き、かわいい孫たちと遊び、家族旅行をし、最期に近づいていきます。

 

本人は最後まで希望をもっていること。

でも、うすうす気づいていること。

孫たちとの交流が、大きな生きる力になっていたこと。

飄々としていても、笑っていても、いつも考えていること。

身体も、精神も、苦しんでいること。

「死」は、段取りも練習もできないということ。

最期に、愛する人たちに囲まれて去っていくことは、幸せだということ。

人間は、決して無ではないこと。

「生」は鮮やかに、そこにある、ということ。

 

ハナレグミの主題歌「天国さん」が静かに流れます。

 

いろんなことを考えて、泣きました。

自分事として、心に沁み入ります。

 

ここで何を書くのも陳腐になる気がするので、ぜひ観ていただきたい映画です。

 

『エンディングノート』

2011年/日本

監督:砂田麻美

音楽:ハナレグミ

おすすめ:★★★★★