うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

結婚をコスパで考える人

スポンサーリンク

f:id:utatanemode:20171123163335j:plain

 

こんな記事を読んだ。

gendai.ismedia.jp

 

自立した個が他者とつながる超ソロ社会。

(既婚も未婚も非婚も)それぞれの立場を尊重し多様性を認める生涯未婚時代。

そこに厳然と立ちはだかる結婚プレッシャー、という考察。

 

その中で大きく首肯してしまったのが、

 

結婚に関して、女性は相手の年収や経済的安定は絶対に譲れないし、男もまた結婚による自分への経済的圧迫を極度に嫌う

 

という『超ソロ社会』での言及と、

 

家族は本質的にコストパフォーマンスが悪いため、コスパや合理的計算で考えると結婚はかえって遠のいてしまう

 

という『生涯未婚時代』での指摘である。

 

いるいる、こういう人。

 

コスパ男

そんなコスパ男が、過去にいた。

 

わたしが過去に出会ったあの人は、「経済的圧迫を極度に嫌った」し、何事も「コスパ」とか「リスク」とか「効率」とかを合理的に考える人だった。

 

地方には不釣り合いなほどのおしゃれな服、それなりの腕時計を身に着け、足元は米国製の革靴、そしてレイバンの黒縁メガネ。

二台持ちするスマホとガラケーには本革ケース。

好きな趣味にはお金に糸目をつけず、乗ってる車は3.5Lの大型SUV。

生活費のかからない実家暮らし。

 

それなのに、いつもお金のことを気にしていた。 

 

この時間でこの金額・・・コスパ悪いよね。

え? スタバ行くの? 高くない?

車も維持費がかかるから軽にするつもり。

ユニクロよりGUに行こうかと思う。

医療費かかるんでしょ?

雑誌の定期購読してるの?

携帯代ってどれくらい?

服ってどんなブランドを買うの?

ブログやってるの?

結婚したら当然働くでしょ?

働けないって、じゃあそれで家事は完璧にできるわけ?

人間関係ってギブアンドテイクでしょ?

 

とかね。

もうね、これ以外にも信じられない言葉を山ほど聞いたような気がする。

(今思うと、かなりモラハラ気質だし)

 

コスパはどうか、どうすればお金がかからないか、どれだけお金がかかるのか、どれだけ稼げるのか。

お金、お金、お金・・・

 

自分のために使うお金は惜しまないけれど、人(わたし)のために使うお金は惜しい。

人(わたし)とこの先ずっと一緒にいるメリットとデメリットを秤にかける。

人(わたし)を抱えることによるコストを考える。

人(わたし)が自分の人生に及ぼすリスクを考える。

 

なんだか、ずっとそんな風に見られていることを感じていた。

結婚をコスパで考えているのだろう。

 

結局、そんな合理的、実利的な考え方でしかわたしを見られなかったあの人の中には、わたしへの想いなんてものは無かったに等しい。

 

コスパではなく、人生を共に歩む相手を意志を持って選び取る、結婚するという、深い淵を飛び越えるような勇気も情熱も無かったのだ。

ただそれだけなのだ。

 

根本的に、愛が欠落していた。

 

案の定、破綻したけれど。

 

大切なもの

今の若い人たち(ばかりではないが)って、結婚しないのか、結婚できないのか、よくわからないけど。

でも、コスパ男の例を見ると、経済的なことを考える人は多いのかな、と思う。

 

これからは結婚制度自体も絶対的でなくなるかもしれないが、他者とつながり、他者と関わらなければ人は生きていけないことに変わりはない。

 

自己の自立も必要だろう。

他者への寛容も必要だろう。

その上で、互いにコミットし続ける意志をもたなければ、いずれ立ち行かなくなる。

結婚するにしても、結婚しないにしても。

 

結局の現状は、みんな自分がかわいいということだ。

経済的に、精神的に、環境的に、自分が脅かされ、傷つけられるのを忌避している。

それは仕方がないことでもある。

 

でもたぶん、そんな恐れを(一時的にでも)吹き飛ばしてしまう何かが、この世の中には存在しているのではないか。

だから人は結婚し、共に歩む。

恐れずに、他者の手を取って前に進ませる、何か。

大切なのは、そういうものなのだと思う。

 

結婚しても、結婚しなくとも。

それはそれで、それぞれで、いい。

 

結婚しなくても幸せになれるこの時代に、

私は、あなたと結婚したいのです。

 

このゼクシィのキャッチコピーは秀逸だ。

結婚はコスパではない。

 

あぁ、結婚、したかったなぁ。(過去形)

(コスパ男と、ではないですよ)

 

おまけ

実際問題、平均所得が今の2~3倍以上くらいになったら、みんなどんどん結婚するんじゃないかなぁ。(独身主義者は別として)

案外、単純なことかもね。

でも、賃上げも減税も難しそうだから手詰まっているのか。

 

政治経済どこまでがんばれるか。

さてさて。

 

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)

 

 

生涯未婚時代 (イースト新書)

生涯未婚時代 (イースト新書)