うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

SPONSORED LINK
 

Twitterの鍵アカウントを一言メモとして使う

f:id:utatanemode:20171020155829j:plain

 

みなさん、Twitterはお使いでしょうか?

もちろんお使いですよね。

Twitterの鍵アカウントはお持ちでしょうか?

もちろんお持ちですよね。(笑)

 

もう使い古された手かもしれませんが、Twitterの鍵アカウントの使い道について考えてみたいと思います。

 

 

Twitterの主目的

SNSであるツイッター。

知らない人とでもゆるーくつながれるツイッター、好きです。

リア充フェイスブックとは異なるカオスな感じのツイッタランド、好きです。

いろんな人のボソボソしたつぶやきやエッジのきいたつぶやきは、興味深く飽きることがありません。

 

個人的には、情報収集ツールとしての使い方が主目的です。

フォローが増えすぎてもはやTLを追うことはできないので、特に読みたいアカウントはみな通知設定にします。

以前はスマニュー(Smart News)で読んでいた記事もアカウントをフォローして通知。

初期からフォローしているオモシロイ人も通知。

最近気になる人も通知。

それらの通知をスキマ時間にチェック、ブログ更新などがあれば読みに行きます。

情報洪水の中で情報収集するために、とにかく通知で時短を図ります。

 

日常的な情報収集だけではなく、何かイベントが起こった時にも威力を発揮します。

古くは東日本大震災の時、最近では北朝鮮のミサイル発射で初めてJアラートが発動された時も、まずツイッターをチェックして動向をうかがいました。

 

情報の同時性の面で、ツイッターはとても優れていると思います。

 

Twitterに鍵をかける時

現在、メインアカウントには鍵をかけています(非公開)。

ツイッターを始めた頃は、周りの人たちもほとんどがオープンで、鍵アカウントはあまり見かけませんでした。

ですが、フォローする人、フォローされる人が増えるにつれ、安易なことはつぶやけないという公共意識が出てきました。

それでもオープンだからこそ多くの人とつながれるような気がして、公開のまま日々つぶやいていました。

 

その頃、ある人とお付き合いしていたのですが、ツイッターの話になりまして。

その人、「誰をフォローしているの?」「誰のツイートで知ったの?」と、じりじりとわたしのアカウントを逆探知しようとしてきます。

絶対にアカウントは知られたくないので、のらりくらりとかわしていました。

 

ある日のデートで、その人ととある場所(お店)へ出かけました。

その店頭に、「#〇〇〇でツイートしてね!」みたいなPOPが貼ってあります。

すると、その人は目ざとく見つけて「ツイートすれば?」と言いました。

デートで浮かれていたわたしは「そうだね!」と言って、「〇〇〇なう。#〇〇〇」とツイートして悦に入っていました。

その頃、まだ「〇〇なう」とか流行っていた頃で。w

アホですね。

まんまとハッシュタグを付けてツイートしてしまうなんて。

 

それ以降ツイッターの話は出なくなりましたが、たぶんこの時アカバレしたと思います。

相手のワナにはまったことに気づいたのは、失恋した直後でした。

 

速攻、アカウントに鍵をかけました。

 

完全鍵アカウント

失恋で鍵をかけたアカウント。

鍵をかけても、相手にアカウントを知られていること自体が口惜しい。

もう非公開でツイートは見られなくても、ツイート数やフォロー数やフォロワー数を見られてしまうことだけでも口惜しい。

 

失恋の悲しみと憤慨のさなか、発作的に新しいアカウントを作りました。

誰もフォローしない、誰からもフォローされない、完全鍵アカウントです。

 

そのアカウントで、来る日も来る日も、怨念を吐き出していました。

誰のツイートも流れてこない。

誰からもツイートを見られることのない。

でも、ツイッタランドの隠れた片隅で。

ブツ切れの想いを、吐き出して、吐き出して。

TLには自分の怨念だけが連なっていきました。(闇)

 

一年も経った頃でしょうか、最終的に 「その男は〇〇」という結論に至り、失恋に決着をつけることができました。(〇〇の中身はご想像にお任せします、笑)

 

やり場のない気持ちの断片をどこまでも吐き出すのに、140文字のツイッター、完全鍵アカウントは最適だったように思います。

 

一言メモとして

それから数年が経ち、完全鍵アカウントは現在も稼働中。

近年は、一言メモとして機能しています。

 

人に言うまでもないこと、人には言えないこと、日記に書くほどのことでもないこと、などの思考の断片、ひとりごとを、淡々とつぶやいています。

 

日々の気づき。

ちょっとしたメモ。

今後の目標。

現状分析。

短詩(推敲)。

体調。

筋トレの進捗。

ETF積立の記録。

世間のニュース。

 

などなど、なんでも短くつぶやきます。

たぶん今日は、「日経平均14連騰。」とか書くかもしれません。

 

ある程度のボリュームがある日記帳に比べ、140文字制限のツイートは容易に遡ることができます。

一言日記としても、メモ帳としても、備忘録としても優れています。

ある時は、壁打ちのような連投で気持ちを整理することもできます。

検索もできますし、お気に入り(いいね)を付けておくと、さらに探しやすくなります。

 

たぶんみなさんの中にも、ツイッターをそんな風に使っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

改めて、ツイッターの鍵アカウントを活用することをオススメします!

 

おまけ

そうそう、うたたねモードのツイッターはじめました。

その@うたたねモード (@utatanemode) | Twitter

ブログ更新と、時々どうでもいいことをつぶやきます。

よろしければ、フォローお願いいたします。(^_^)